きめ細かいサービス

日本から米国へ向う方々の、アメリカ国内での足として、空港到着 点から、日本人ドライバーによるきめ細かいサービスを提供 する企業です。
アメリカ、特にニューヨークを中心に、日系社会 で30年の実績ある相互リムジンが、独自のノウハウを駆使し つつ訪米の皆様のお役に立てる様に、努めて参ります。


タクシーとリムジンの違い

最初に、ご存知の方も多いかと思いますが、タクシーとリモの大きな違いからご説明します。
庶民の移動手段は、バス、地下鉄に加えてイエローキャブで知られ るタクシーですが、黒塗りで高級車を使ったリムジンは中間層から 富裕層の乗り物として、数日前からの完全予約制でした。
リモ は現在も、いわゆる冠婚葬祭や、来賓のもてなしには皆、使います。


コールタクシーの誕生

その両者、タクシーとリムジンの間に、30年程前から割って入って登場したのが、 コールタクシーです。当時は、無線を使っての即応性を売り物にして急成長を遂げました。
街中を流すタクシーよりも安全そうで、最近では携帯電話予約でドア・トゥ・ドアが大受けし ているのです。双方を補完する形で参入したのが功を奏した訳です。


リムジンもどきの存在

車さえ黒塗りにしたり、リンカーンや一級ランク下のセダンを使えば、 リムジンと肩を並べてタクシーとの差別が図れ、料金面でもリモ並み の請求が出来ると考えたのです。
数は増える一方で、タクシー同様の移動手段でありながら、常にリムジンと称します。白人主体のリムジ ンとは一変し、韓国、中国、イスパニックやイスラム系が多くなり、 効率を重視する経営へと移って行ったのです。
ドライバー自身も、所属する会社自体がどのレベルのサービスを目標としているのかすら 分からなくなっている、にわか運転手が多くなっているのです。


効率重視でサービスの低下

綱渡りは常態化し、客を待たせるのは、配車をする会社側に責任ありとして、謝る事もなく サービスの低下は避けられない所まで来てしまいました。 日本語が出来なくても、確かにサービス精神旺盛なドライバーもいます。


時間厳守が最大のサービス

私共は、天候や交通状況を理由に、遅れる事は絶対に無い様、充分な 時間を見ます。空港まで送り、他のお客様を迎えて市内へ送る、といった場合 は、間に余程の時間的ゆとりがない限り行わず、別の車を配車します。
 


Vis 7 Corporation Copyright 2012 All Rights Reserved